ガーミン vivosmart4買いました(^o^)日常生活がもっともっと楽しくなりますよ!

  • 2020年2月24日
  • 2020年12月4日
  • 未分類
  • 124view




みなさんこんにちは、てくおです(^o^)@tekuo_take_off

突然ですが、ガーミンvivosmart4を買いました(・∀・)

ガーミンHPより転載

以前からライフログ的なスマートウォッチが欲しかったんですよね。

というのも、逐一健康管理ができるスマートウォッチは、日常生活の「ながら」で資格や健康など、自分にプラスになるものを「ついでに」手に入れるという目的で始めたこのブログにピッタリだからです(^o^)

※注意※

「ガーミンコネクトモバイル」というアプリをダウンロードしないと使用できません。スマホのOSがこのアプリに対応しているかをまず確認してください!

このvivosmart4は2018年10月11日に発売されました。比較的新しいと思いますので、新機種の発表はまだまだ先だと信じています(笑)

時計で表示、計測できるもの一覧

  • 時刻、曜日、日
  • 心拍数
  • 歩数
  • 昇降階数
  • カロリー
  • 週間運動量
  • 距離
  • 睡眠の質(アプリでしか見れない)
  • ストレスレベル(0〜100)
  • ボディバッテリー(0〜100)
  • 天気
  • 着信、メール、SNSなどの通知

他にも「ボリュームコントロール」「VIRBリモート」というのもありました。

アプリの基本画面です。心拍数はリアルタイムで計測され、心拍メーター・値は随時変動します。睡眠の質(寝ている時の、深い・浅い・レム・非睡眠時間)は下の方に表示されます。

とりあえず以前ご紹介した「アイロン温まるまでスクワット&ゴムチューブ」をやってみます!

そのまま始めても心拍数は計測してくれますが、こういった筋トレとかの歩く・走る運動を始める前に、時計もそのメニューにして測定開始をさせると1つのデータとして保存できます。

結果がこちらです\(^o^)/

こんなにキチンと測定してくれました!

運動と心拍数の関係についてですが、「目標心拍数」というものがあり、カルボーネン式というもので算出できます。

カルボーネン式

{(220-年齢)-安静時心拍数}×運動強度(%)+安静時心拍数

となります。

そしてこの運動強度ですが

  • 競技記録を伸ばしたい…95〜80%
  • 心肺機能を鍛えたい…80〜65%
  • 脂肪を燃焼させたい…65〜50%

というのが目安とされています(^^)

てくおの場合、最近体重計ちゃんが「体年齢は25歳よ!(*^^*)」とヨイショしてくれるので、年齢は25歳とします(笑)

安静時心拍数は、上の画像では56bpmと表示されていますが、使用開始からの間では52bpmが多いので52とします。

そして運動強度は、心肺機能も脂肪燃焼もやってくれそうな65%とします。

では先ほどのカルボーネン式に当てはめますと

{(220-25歳)-52bpm}×65%+52bpm≒145bpm

てくお
全然届いてません。流石に1分くらいの運動で心肺機能向上は厳しいです。仮にできたとしても全然「ついで」じゃない負荷になるでしょう。

ちなみに運動強度を50%で計算したら123.5bpmだったので、一瞬だけ脂肪は燃焼したようです(笑)

それから、フロントブリッジ(プランク)も紹介したので、それもやってみました。

てくお
完全に気休め程度の運動だったようです( ;∀;)でも体幹は鍛えられてるはず(震え声)

というわけで、ちょっと(かなり)考えが甘かったようですので、今後もvivosmart4で試行錯誤しながら頑張っていきたいと思います!

それでは今回はこれで失礼いたします。ご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m